お店だけじゃない!家庭でできる簡単エステ

お金も時間も節約!おうちでエステ

>

エステはお店じゃないとできない?

クレンジング前にひと手間

お顔の汚れを落とすクレンジングですが、スキンケアの中でもなかなか難しいケアになります。
「ただ落とせばいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、肌は大変刺激に弱く、対して市販のクレンジング剤は非常に強力なため、ケア自体が肌を荒らしてしまうこともあるほどです。
とはいえ、現代では女性のメイクは欠かすことができませんし、きちんと落とさなければ汚れが酸化してしまい、吹き出物やシミの原因になってしまいます。

そこでおすすめなのが、蒸しタオルを使ったスキンケアです。
クレンジング前に蒸しタオルで顔を温めると、汚れが浮き上がって落ちやすくなります。
血行も良くなるため一石二鳥です。
これによって、強力なクレンジング剤や、ゴシゴシと肌をこする作業を軽減することができます。
蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジで温めれば簡単に作れますので、火傷に注意した上で、試してみてはいかがでしょうか。

パックには「ラップ」を

エステでは美容成分を肌に取り入れることが欠かせませんが、こちらもご家庭でできる方法があります。

やり方は簡単で、シートパックの上からラップをするだけです。

シートパックは最初は潤っているように感じますが、実は表面から次第に乾燥していき、シートの水分が蒸発するのと同時に肌の水分も奪ってしまうのです。
さらに、乾燥して肌に貼りついたパックが必要な角質まで剥がしてしまうことも。
シートパックに「○分以上使用しないでください」と記載されているのはこのためですね。

その点、シートパックの上にラップをしてしまえば、水分の蒸発を防ぐことができます。
ここで注意したいのが、ラップを使ったとしても、元の使用時間を守ることです。
必要以上に肌をふやかしてしまうと、肌のバリアを弱めてしまいますので、あくまで「ベストな状態のうるうるパックを、適切な時間つける」というイメージで行いましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る