お店だけじゃない!家庭でできる簡単エステ

お金も時間も節約!おうちでエステ

>

家庭用脱毛器ってどう?

家庭用脱毛器、サロンのものとどう違う?

数万円程度で購入できる、光やレーザーなどによって毛を薄くする「家庭用脱毛器」ですが、エステサロンで用いられる機械とどう違うのでしょうか。

大きな違いは「出力」です。
エステサロンの機械は安くとも100万円以上し、光やレーザーの強さも大きくなっています。
その分肌へのダメージも強くなってしまうため、肌の状態や冷却の技術などが必要になります。
ちなみに、病院で行える医療脱毛は医療行為として脱毛を行なえるので、一番出力が高く、効果も現れやすいです。
一方、家庭用脱毛器は最大出力に設定したとしても、病院やサロンのものよりも弱い光しか出ないようになっています。
機械そのものが小さく、また、火傷などの心配もあることから、どうしても限界があるようです。

家庭用脱毛器を効果的に使う

病院やサロンの機械より穏やかな効果の家庭用脱毛器ですが、使い方を工夫すればお得に脱毛を行なうことができます。

たとえば、「ツルツルまではいかなくてもいいから、全体的に今より毛を薄くしたい」という場合は家庭用脱毛器でも効果があります。
ただし、背中やうなじなど、自分で手の届かない場所は人にやってもらう必要があります。
「光の当て残しが心配」「完全に毛をなくしたい」という方には不向きですが、サロンに比べればかなりリーズナブルなので、気長にお手入れできる方にはおすすめです。

さらに、「一度病院やサロンで脱毛したけど、一部だけ毛が残ってしまった」という方にもおすすめです。
病院やサロンだと、腕に残った数本の毛をなくすために、腕の1部位分の金額が必要なことが多いですが、自分でやれば気になるところだけ処理できます。

また、「VIO脱毛が恥ずかしくてできない」という方も、家庭用なら自分でできるので安心です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る